上高地

ジンのなんちゃってアウトドア

上高地

上高地

上高地はもう何度も行ってますが、一度行ったことある方はおわかりでしょうが、何でそんなに上高地が良いのかと言いますと、やはり、絵葉書のような景色がそのまんまそこにあるって事でしょう。

 

上高地の楽しみ方は、河童橋付近でのんびり過ごすのも良いですが、計画を立ててウォーキングするのが一番だと思います。

 

上高地の公式ホームページにウォーキングマップが載っていますが、上高地の中で、バス停留所が3箇所あります。「大正池ホテル」、「帝国ホテル」、「バス停留所」です。(上高地はマイカー乗り入れができません。バスかタクシーで行くことになります。)その3箇所のうち、どこで降りても良いですが、どこで降りてどう歩くかを計画する事が必要となります。何キロ歩くかでプランが違ってきますし、毎回コースを変えることで、毎回違った上高地を体験することができます。

 

上高地 大正池

一番おすすめコースは、大正池でバスを降りて、河童橋に向かって歩いていくコースでしょう。大正池とは大正時代に焼岳の噴火による影響から梓川の流れがダムのようにせきとめられて、池になったものです。今はかなり減りましたがまだ立ち木が残っており、その神秘的な景色は、河童橋付近の景観とならぶ、上高地の象徴です。夏でも水は冷たく、足を入れていられるのは20秒くらいが限界でした。そこから河童橋までおよそ3.5キロメートルありますが、のんびり歩いて一時間くらいです。ぶらぶら歩いてあとは河童橋のあたりでのんびり過ごすのも良いですが、体力があれば、さらにその奥の明神池まで歩くのも良いでしょう。

 

上高地 

明神池までは河童橋から3キロあります。大正池→河童橋→明神池→河童橋→バス停留所で約10キロありますが、私の一番お気に入りのコースです。真夏でも涼しいですし、絵葉書のような世界をのんびりと一日歩けます。10キロが私の体力にはちょうどぴったりです。道は殆ど平坦ですが、できればトレッキングポールを持っていくと楽です。

 

上高地での宿泊は、上高地の中の宿泊施設で泊まる事もできますが、安く済ませるなら平湯温泉郷で泊まるのが一番だと思います。名古屋からでも東海北陸自動車道経由なら3〜4時間で来れますし、行ったことがないなら一度は行っておくべきでしょう。

 

上高地 近くの宿をじゃらんで探す


上高地の宿泊について

私はもう何回か上高地へ行きましたが、宿泊はいつも平湯温泉です。

 

何故かと言いますと、上高地の中で宿泊するのがベストかもしれませんが、上高地帝国ホテルやら、五千尺ホテルやら、立派過ぎて、私みたいな庶民が泊まるにはちょっと贅沢すぎるのです。

上高地ルミエスタホテル(旧:上高地清水屋ホテル) 山の旅舎 五千尺ロッヂ ホテル白樺荘<上高地>

 

 

そこで、いつも利用しているのが平湯温泉郷です。上高地の中よりはリーズナブルなお宿がそろっています。

 

平湯温泉郷の入り口にバスターミナルがあって、まわりには温泉旅館や民宿などがたくさんありますが、上高地の中へはマイカーで行くことはできませんので、バスで上高地に行きます。安房トンネルを通っていきますので、ほんの25分程度で上高地に着いてしまいます。本当は上高地の中で宿泊できれば一番良いのでしょうが、なるべく安くあげたいなら平湯温泉がおすすめです。

 

私はほとんど岡田旅館を利用しています。平湯温泉バス停留所に近いし宿泊料金も安いですし、まぁ贅沢せずにそこそこ無難であればという方にはおすすめできます。

広告


関連ページ

乗鞍岳
3000メートル級なのに、軽装備で頂上まで登れるのは乗鞍岳くらいではないでしょうか?なんちゃってアウトドアにはまさにうってつけ。

ホーム RSS購読 サイトマップ